メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
九州北部豪雨

150世帯、自宅再建困難 16日以降に仮設退去

自宅前に立つ小江達夫さん。裏手の斜面は豪雨時に崩れ落ちたままで復旧工事は未着手だ=福岡県朝倉市で、青木絵美撮影

 2017年7月の九州北部豪雨で、被災者向けに福岡県朝倉市と東峰村に整備された建設型の応急仮設住宅が16日以降、順次退去期限を迎える。県は一部被災者が要望する期限延長は見送った。しかし、退去後も自宅外の仮住まいが続く被災者が約150世帯あるとみられ、釈然としないまま転居先の確保などに追われる人もいる。【青木絵美】

 「まだ裏の斜面は崩れたまま」。被害が大きかった朝倉市杷木志波の柿農家、小江(おえ)達夫さん(59)…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文731文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです