メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
戦争資料集

福岡・小竹の私設資料館、創立40周年で出版 副館長「私が世を去った後も役立てて」

創立40年を記念して出版した資料集を手に展示資料を紹介する武富慈海さん=福岡県小竹町で、木村敦彦撮影

 福岡県小竹町にある私設の資料館「兵士・庶民の戦争資料館」が創立40周年を記念し、所蔵資料約3000点のうち、約100点を紹介した資料集「ふれてください戦争に」を出版した。公立の平和資料館と違って、独力で維持・管理してきた私設の資料館は管理者の高齢化などから全国的に閉鎖する例が増えているという。武富慈海(じかい)副館長(70)は「戦時資料は意味や背景を説明する必要がある。私が世を去った後も資料が役立てられるよう、出版を決めた」と語る。【木村敦彦】

 資料館は、旧陸軍兵士として中国や東南アジアに出征した父登巳男(とみお)さん(2002年に84歳で死…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1025文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです