メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

一部発動延期はスマホやノートパソコンなど 対中制裁関税「第4弾」 12月15日に USTR発表

トランプ米大統領=AP

[PR]

 米通商代表部(USTR)は13日、米国が輸入するほぼすべての中国製品に追加関税を課す「対中制裁第4弾」について、スマートフォンやノートパソコン、一部の衣料品やおもちゃなどへの追加関税発動を9月1日から12月15日に延期すると発表した。第4弾自体は9月1日に発動するが、主要製品の関税引き上げを先送りする。

 クリスマス商戦など消費への影響を避けるとともに、米中通商協議の交渉材料を確保する狙いがあるとみられる。

 第4弾には米アップルの「iPhone(アイフォーン)」など幅広い商品が含まれるため、米中の企業や消費者など幅広い影響が懸念されていた。

 一方、中国商務省は13日、「第4弾」を議題に米中が閣僚級の電話協議を開き、月内に再度、話し合うことで一致したと発表した。【ワシントン中井正裕】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです