メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

ココカラファイン、マツモトキヨシと統合協議へ

マツモトキヨシの看板=東京都豊島区で2019年5月8日、曽根田和久撮影

[PR]

 ドラッグストア大手のココカラファイン(横浜市)は14日、マツモトキヨシホールディングス(HD、千葉県松戸市)と経営統合に向けた協議を始めると発表した。スギHD(愛知県大府市)との統合も検討していたが、外部有識者と社外取締役による特別委員会がマツキヨとの統合を支持。ココカラは同日の取締役会で同様の判断をした。統合が実現すれば売上高は1兆円規模で、業界首位となる。

 ココカラは6月、スギ、マツキヨとの経営統合に向けて検討を始めると発表。特別委を設けて比較検討してきたが、マツキヨがプライベートブランドの化粧品に強みを持つことなどを評価した。

 2018年度の売上高は業界7位のココカラが4005億円で、5位のマツキヨは5759億円。単純合計すると業界首位のツルハHD(7824億円)を上回る。ドラッグストア業界は成長が続いているが、各社の競争は激化しており、今後大手同士の再編が加速する可能性もありそうだ。【小倉祥徳、本橋敦子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  2. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです