メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

東京円、106円台前半で取引

[PR]

 14日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=106円台前半で取引された。

     午後5時現在は前日比1円25銭円安・ドル高の1ドル=106円44~45銭。ユーロは1円27銭円安・ユーロ高の1ユーロ=119円00~04銭。

     米国が13日、対中制裁関税の一部延期を発表したことで、米中貿易摩擦への警戒感が和らぎ、円安・ドル高が進んだ。ただ14日発表の中国経済指標が市場予想を下回り、ドルの上値も重かった。

     市場関係者は「米中通商交渉は楽観できない。根本的な改善がなければ1ドル=108円台の回復は難しい」と指摘した。(共同)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

    2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

    3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

    4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

    5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです