メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「大きなシナジー効果」ココカラがマツキヨ選んだ理由 経営統合協議入り発表

マツモトキヨシの看板=東京都豊島区で2019年5月8日、曽根田和久撮影

 売上高でドラッグストア業界7位のココカラファインは14日、5位のマツモトキヨシホールディングス(HD)と経営統合の協議入りを決めた。ドラッグストア市場は成長の鈍化が懸念されており、統合で経営効率化と商品力の強化を図る狙いがある。統合が実現すれば業界首位になり、さらなる業界再編を誘発する可能性もある。

 「店舗作業の効率性やプライベートブランド商品の開発などで、大きなシナジー効果が生じる可能性がある」…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文631文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです