メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「大きなシナジー効果」ココカラがマツキヨ選んだ理由 経営統合協議入り発表

マツモトキヨシの看板=東京都豊島区で2019年5月8日、曽根田和久撮影

 売上高でドラッグストア業界7位のココカラファインは14日、5位のマツモトキヨシホールディングス(HD)と経営統合の協議入りを決めた。ドラッグストア市場は成長の鈍化が懸念されており、統合で経営効率化と商品力の強化を図る狙いがある。統合が実現すれば業界首位になり、さらなる業界再編を誘発する可能性もある。

 「店舗作業の効率性やプライベートブランド商品の開発などで、大きなシナジー効果が生じる可能性がある」…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文631文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  2. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

  5. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです