メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

香港裁判所、空港の使用妨害禁止命令 14日も混乱続く

香港国際空港の出発ロビーで座り込むデモ隊=13日、AP

[PR]

 香港の「逃亡犯条例」改正問題を巡る若者らの抗議活動の影響で、香港国際空港は14日も混乱が続いている。12、13両日で約800便が欠航し、10万人以上に影響が出た。14日も運航正常化の見通しは立っていない。同日の香港メディアによると、裁判所が空港の使用妨害を禁じる臨時命令を出した。航空当局によって指定された場所以外では抗議活動はできないとしている。

 13日は数千人規模の若者らが空港内に集まり、一部が出発ゲート前にカートを並べるなどし、利用者の通行や安全に支障が出たことなどから空港は運航を中止。チェックインカウンター前には搭乗手続きを待つ各国の利用者が長蛇の列を作った。

 香港各紙によると、13日夜に抗議行動をする若者に交じっていた男性について、所持品から中国広東省深圳の公安局関係者と判明し、若者らと数時間にわたりもみ合いになった。救助に入った警官と若者らの間で衝突し、警察側がこしょうスプレーを噴射。逮捕者が出た。

 また中国共産党機関紙「人民日報」傘下の国際情報紙「環球時報」記者も若者らに殴られた。抗議行動参加者の間では、中国当局に近い関係者への不信感が強まっている。

 香港政府の林鄭月娥(りんていげつが)行政長官は13日の記者会見で、最近の香港の状況について「悪意のある破壊行動が各地で広がり、不定期で予告もなく、通勤する市民も影響を受けている」などと強い危機感を示し、早期の秩序回復を改めて呼びかけた。【香港・工藤哲】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  2. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです