メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

タイの「北朝鮮レストラン」、迫る安保理決議の出稼ぎ労働者の年内送還 どうなるのか…

昼夜を問わず人気の北朝鮮レストラン「平壌玉流食堂」=バンコク中心部で2019年7月28日、西脇真一撮影

 北朝鮮から派遣された女性従業員の歌や踊りを売りに外貨を稼ぐ「北朝鮮レストラン」。だが、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議は、加盟国に出稼ぎ労働者の年内送還を求めており、レストラン従業員も国外で働けなくなる。バンコクで今月開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議でも決議の履行を再確認した。逆風のなかタイで営業するレストランの動きを追った。【バンコク西脇真一】

 北朝鮮は中国を中心にレストランを展開する一方、日本人や韓国人の観光客やビジネスマンが多い東南アジア…

この記事は有料記事です。

残り1408文字(全文1645文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  2. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

  5. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです