メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

台風10号、西日本縦断へ 東日本も太平洋側で大雨の恐れに注意呼びかけ

気象庁が入るビル=高添博之撮影

[PR]

 大型の台風10号は、14日午前5時現在で、種子島の南東約340キロにあり、1時間に約15キロの速さで西北西へ進んでいる。中心の気圧は965ヘクトパスカル。最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心から半径240キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水へ警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意するよう呼び掛けている。

 台風10号はこの後、北寄りに進路を変え、強い台風に発達。その後、やや勢力を弱めて15日には四国地方に上陸し、西日本を縦断する見込み。台風10号の接近に伴い、東日本と西日本の太平洋側では、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定となっている。

 15日午前6時までの24時間に予想される雨量はいずれも多い所で、東海・四国・九州南部各500ミリ▽近畿・九州北部各400ミリ▽奄美150ミリ▽関東甲信120ミリ。その後、16日午前6時までの24時間に予想される雨量は、東海・四国各600~800ミリ▽近畿400~600ミリ▽関東甲信・北陸・中国・九州各200~300ミリ▽九州南部100~200ミリ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです