メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

台風10号、あす四国地方上陸のおそれ 気象庁が警戒を呼び掛け

気象庁が入るビル=高添博之撮影

[PR]

 大型の台風10号は14日午前6時現在、鹿児島・種子島の南東約340キロをゆっくり西北西に進んでいる。15日に四国地方に上陸し、西日本を縦断する見込みで、気象庁が警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心から半径600キロ以内は風速15メートル以上の強風域となっており、九州地方や四国地方が域内に入っている。

 15日午前6時までの24時間雨量は多いところで、東海、四国、九州南部500ミリ▽近畿、九州北部400ミリ。15日にかけての予想最大瞬間風速は、四国45メートル▽九州南部40メートル▽近畿、中国、九州北部、奄美、北陸、東海35メートル。【宗岡敬介】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 家裁送致 放火容疑中学生を窃盗で 地検 /熊本

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです