札幌のヒグマ、猟銃で駆除 体長約1.4m

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
札幌市南区の住宅街をはいかいするヒグマ=2019年8月13日午後7時36分、貝塚太一撮影
札幌市南区の住宅街をはいかいするヒグマ=2019年8月13日午後7時36分、貝塚太一撮影

 札幌市は14日、同市南区の住宅地で連日出没していたヒグマ1頭を猟銃で駆除したと発表した。

 市によると、14日午前6時5分ごろ、南区藤野地区の山中で、地元猟友会のハンターが雌1頭を発見し駆除した。体長約1.4メートルで体重128キロ。推定年齢8歳程度の成獣とみられ、首回りに白い模様があり、出没が相次いでいた個…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集