メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

死と隣り合わせの学徒勤労動員 大阪砲兵工廠の空襲「1トン爆弾で巨大クレーター」

終戦前日、B29の集中爆撃を受けた大阪砲兵工廠は、巨大な黒煙を立ちのぼらせて壊滅した=大阪市で1945年8月14日、毎日新聞大阪本社屋上から撮影

 終戦前日の1945年8月14日、米軍による空襲で大阪市中心部に爆弾が降り注いだ。標的となったのは「アジア最大級の軍事工場」と呼ばれた陸軍の武器製造工場・大阪砲兵工廠(こうしょう)。被災した大阪府高石市の梅原重信さん(89)は、この空襲や他の勤労動員先での苦い記憶を戦争語り部として学校で話している。

 梅原さんは大阪生まれ。軍関係の仕事をしていた父親の転勤に伴って44年春、広島市の広島第二中学から旧制豊中中学に転校した。

 日米開戦から3年、戦況は悪化の一途。2学期から授業はほとんどなくなり、労働力不足を補うため中学生も…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1174文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです