メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「焦土の東京」鮮明に ゼンリンが地図公開 北九州で展示

戦争で焼失した地域を赤く塗りつぶした「戦災焼失区域表示帝都近傍図」(手前)。東京の大半が空襲で被災したことを伝える=北九州市小倉北区のゼンリン地図の資料館で2019年7月11日、山本泰久撮影

 地図大手のゼンリン(北九州市戸畑区)が運営する「ゼンリン地図の資料館」(同市小倉北区)で、終戦直後から高度成長期までの東京の地図を一堂に展示している。焦土と化した東京を調査員が歩き、焼け跡を白地図の上に色鉛筆で記録した手書きの地図など貴重な資料十数点からは、戦災から復興する東京の姿が浮かび上がる。

 ゼンリンによると、展示資料は2005年に死去した大迫忍元社長が、同社が吸収合併した地図会社「日地(にっち)出版(旧日本統制地図)」から個人的に引き継いだ。

 日地出版は戦時中、国内唯一の地図製作会社だった。最も古い展示資料は「渋谷区詳細図」「四谷区詳細図」…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文990文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです