メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

「内地の水」に涙した兵 同僚の最期は「かあちゃん」…91歳、伝え続ける義務

徴用船で硫黄島へ物資を運んだ時の様子を語る藤田さん=兵庫県西宮市で2019年8月2日午後3時55分、岡崎英遠撮影

 太平洋戦争末期の激戦として知られる「硫黄島の戦い」の直前、兵庫県西宮市の藤田馨さん(91)は徴用船の乗組員として島に物資を届けた。あの時会った兵士たちは、その後米軍の攻撃を受け「玉砕」。自身も帰りの航海中に米軍の空襲を受け、多くの同僚を失った。「地獄のような光景だった」と語る。

 大阪生まれで海員養成所を経て、1944年春に16歳で、海軍に徴用された貨物船「九州丸」(632トン)の乗組員になった。神奈川県・横須賀に配置され、小笠原諸島の航路を中心に物資や疎開する住民の輸送任務を担った。ただ戦局の悪化と共に米軍に撃沈される船が増え、次第にこの海域に近づくことは少なくなっていた。

 45年2月上旬、乗組員全員が突然、家族へ手紙を書くよう指示された。船には大量の物資が積み込まれ、上…

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1355文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  2. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです