メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「従業員が就業拒否」東北自動車道の佐野SA上り線で売店など営業休止

営業休止と書かれた張り紙を見る利用者=栃木県佐野市の東北自動車道佐野サービスエリア(上り線)で2019年8月14日午後7時21分、李舜撮影

[PR]

 東日本高速道路(NEXCO東日本)は14日、栃木県佐野市の東北自動車道佐野サービスエリア(SA)上り線のフードコートや売店が同日未明から営業を休止したと発表した。ほかの休憩施設の利用を呼び掛けており、帰省客らから戸惑いの声が上がっている。

 NEXCO東によると、駐車場やトイレ、ガソリンスタンド、自動販売機などは利用できるほか、移動販売車などの一部も営業を再開した。徒歩で行き来できる下り線のSAの施設も利用可能という。休止の理由は「テナント従業員の就業拒否」のためで、営業再開に向けて準備を急いでいるとしているが、再開時期は示していない。

 この日はUターンラッシュで、同SA付近は渋滞するなど混雑した。フードコートが入る建物の入り口には、NEXCO東の名義で「ご迷惑をおかけし、申し訳ございません」などと謝罪する紙が張られていた。上り線の同SAには売店、フードコートのほかに軽食などを提供する移動販売車などが約10店あり、大勢の人が立ち寄っていた。

 同県那須町から自宅に戻る途中だった横浜市のパートの女性(36)は「張り紙を見て驚いた。トイレも使えるし、屋台もあるので困りはしないが、お土産で佐野ラーメンを買おうと思っていたので残念」と話した。【李舜】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです