メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

京都アニメーションが「京アニ大賞」作品募集を一時停止

京都アニメーションの犠牲者を追悼して、折り鶴を供えるNPO法人「まちづくりねっと・うじ」のメンバーら=京都市伏見区で2019年8月8日午前8時3分、望月亮一撮影

[PR]

 京都アニメーションは14日、第1スタジオ(京都市伏見区)での放火殺人事件を受け、今年6月から受け付けていた「第11回京都アニメーション大賞」の募集を一時停止すると発表した。締め切りは11月30日だが、スタッフが事件の対応に当たっているためという。再開するかどうかや既に応募された作品の扱いについては「しばらく時間をいただきたい」としている。

 「京都アニメーション大賞」は10年前に同社が創設し、プロ、アマを問わず小説などを募集。大賞はアニメ制作と文庫化が約束され、次点の奨励賞もその候補となる。これまでアニメ化された作品に、第1回小説部門で奨励賞を受賞した「中二病でも恋がしたい!」、第5回小説部門大賞の「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」などがある。

 一方、事件で逮捕状が出た青葉真司容疑者(41)と氏名も住所も一致する人物から過去に小説の応募があった。青葉容疑者は事件直後に「小説を盗まれたから火を付けた」との趣旨の話をしており、京都府警が関連を捜査している。【国本ようこ】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです