メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「父は何故死んで逝かねばならないか」巣鴨プリズン最後の死刑囚 遺書に託す願い

藤中松雄さんの遺書には「戦争絶対反対」「世界永遠の平和」のメッセージが残る=福岡県嘉麻市の碓井平和祈念館で2019年7月25日午前10時34分、飯田憲撮影

 戦争絶対反対と世界永遠の平和――。便箋にしたためられたひときわ大きな文字が浮かび上がる。福岡県嘉麻市出身の旧日本海軍1等兵曹の藤中松雄さんの遺書だ。戦時中、沖縄県・石垣島で米軍捕虜が処刑された「石垣島事件」でBC級戦犯に問われ、巣鴨プリズンで最後に死刑執行された一人。終戦から74年。遺書は今も非戦の願いを発している。

 1945年4月、日本海軍に撃墜されて石垣島に不時着した米B29爆撃機の搭乗員3人が処刑された。島の…

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1335文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです