メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「父は何故死んで逝かねばならないか」巣鴨プリズン最後の死刑囚 遺書に託す願い

藤中松雄さんの遺書には「戦争絶対反対」「世界永遠の平和」のメッセージが残る=福岡県嘉麻市の碓井平和祈念館で2019年7月25日午前10時34分、飯田憲撮影

 戦争絶対反対と世界永遠の平和――。便箋にしたためられたひときわ大きな文字が浮かび上がる。福岡県嘉麻市出身の旧日本海軍1等兵曹の藤中松雄さんの遺書だ。戦時中、沖縄県・石垣島で米軍捕虜が処刑された「石垣島事件」でBC級戦犯に問われ、巣鴨プリズンで最後に死刑執行された一人。終戦から74年。遺書は今も非戦の願いを発している。

 1945年4月、日本海軍に撃墜されて石垣島に不時着した米B29爆撃機の搭乗員3人が処刑された。島の部隊にいた藤中さんも、上官の命令で米兵を銃剣で突き刺した。

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです