メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

オリックス・佐竹コーチに制裁金15万円

[PR]

 プロ野球の斉藤惇コミッショナーは14日、オリックスの佐竹学・外野守備走塁コーチに厳重注意と制裁金15万円の処分を科したと発表した。13日の西武―オリックス19回戦(メットライフドーム)の四回、一塁コーチを務めていた佐竹コーチは、打者に死球を与えた西武の森脇亮介投手を手で押して退場処分になった。

     警告試合となり、その後に死球を与えたオリックスの田嶋大樹と西武の平良海馬両投手も報復行為とみなされて退場となった。オリックスの西村徳文監督、西武の辻発彦監督にも「自チームの統率を欠き、試合中断を招いた」として注意の制裁が科された。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

    2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

    3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

    4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

    5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです