メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

オリックス・佐竹コーチに制裁金15万円

[PR]

 プロ野球の斉藤惇コミッショナーは14日、オリックスの佐竹学・外野守備走塁コーチに厳重注意と制裁金15万円の処分を科したと発表した。13日の西武―オリックス19回戦(メットライフドーム)の四回、一塁コーチを務めていた佐竹コーチは、打者に死球を与えた西武の森脇亮介投手を手で押して退場処分になった。

     警告試合となり、その後に死球を与えたオリックスの田嶋大樹と西武の平良海馬両投手も報復行為とみなされて退場となった。オリックスの西村徳文監督、西武の辻発彦監督にも「自チームの統率を欠き、試合中断を招いた」として注意の制裁が科された。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

    2. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

    3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

    4. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

    5. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです