メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「廃兵」から「アスリート」に 64年東京パラで得た勇気 箱根療養所に息づく

箱根療養所でアーチェリーの練習をする入所者たち=しょうけい館提供(時期は不明)

 パラリンピックの原点は傷痍(しょうい)軍人のリハビリだった。日本では1964年の東京パラリンピックを機に障害者スポーツが広がり、先の大戦の傷痍軍人たちに生きる勇気と希望を与えた。この時に多くの選手を送り込んだ国立箱根療養所(現・国立病院機構箱根病院、神奈川県小田原市)では、スポーツに打ち込んだ元兵士らの息づかいを感じながら患者たちがスポーツを楽しんでいる。【五十嵐朋子】

 「廃兵院」。箱根療養所の前身の施設はこう呼ばれていた。日露戦争の傷兵を収容する場として1907年に…

この記事は有料記事です。

残り1367文字(全文1604文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです