メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

得意のリードで森秋彩 持ち前の持久力で粘り強く 2位で予選通過 クライミング世界選手権

リード予選で持久力を生かした粘り強い登りを見せる15歳の森秋彩=東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で2019年8月14日午後2時59分、浅妻博之撮影

[PR]

スポーツクライミング世界選手権第4日・リードの予選(14日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子)

 森はボルダリングで予選敗退した悔しさを得意のリードにぶつけた。「リードで結果を残さないと(東京五輪の出場権を懸けた終盤の)複合に残れない。緊張で不安もあったが、とりあえず残れてよかった」。表情が和らいだ。

     不安と緊張の中にいたとは思えない落ち着きぶりだった。小さくつかみづらいホールド(突起物)が終盤にかけて待ち受ける課題にも、持ち前の持久力で粘り強く対応した。終盤は体力がきつくなるが、歯を食いしばって一つ目の課題を日本女子でただ一人完登。二つ目は完登目前の難所で落下したが、絶対女王のヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)に次ぐ堂々の2位で予選を通過した。

     茨城県出身。小学生の頃から頭角を現し、昨年のリードの日本選手権では野口の3連覇を阻止して頂点に立った。今季、ワールドカップ(W杯)デビューを果たすと、7月にはリードで3位に入る好成績を残した。同郷の野口も「疲れてからの体の使い方や落ち着きは私にないものを持っていて学ぶところが多い」と注目する逸材だ。

     「最近は失敗したらどうしようと思う。周りの期待以上にプレッシャーをかけすぎてしまう」と明かしたが、本当は負けん気が強いタイプ。「(優勝の)可能性がないわけではない」。期待のホープが台風の目になるかもしれない。【浅妻博之】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

    2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

    3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

    4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

    5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです