メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
まとメシ

板橋赤塚の名店芝蘭で受け継がれる「成都式坦々麺」は香味と痺れがたまらない♪

情報提供:まとメシ

鼻孔をくすぐる何とも本格派の香りと、端正な無かん水の白いストレート麺が強烈に食欲をそそる。その名も「成都式坦々麺」。

芝蘭 板橋本店(最寄駅:赤塚駅)

口から鼻へ抜ける複雑な香味と痺れがたまらない

板橋赤塚の名店として先々代から受け継がれる味だ。香り立つ本場四川の花椒の痺れもさることながら、3種の唐辛子をブレンドし、シナモンや八角、10種以上の香辛料を使用した自家製ラー油がまた利いている。食べ進むにつれて口中から鼻に抜ける香りのよさと舌に残る痺れ、複雑な辛さと香味。そのコンビネーションがまた来たいと思わせるのだ。

成都式坦々麺

1000円 25ff24af55e2824c47d1967e7309780e 無かん水ストレート麺が花椒やラー油、黒酢、ベースの甜醤油(砂糖、醤油、香辛料を少し煮詰めたもの)とよく絡む。複雑な香味が魅力

陳麻婆豆腐

1400円 5513e819f275c6d1544fc59c60e468ef メニューには山椒入り激辛麻婆豆腐の説明が。豆板醤に花椒油、出す直前にミルで挽く花椒も入って香りよく痺れる辛さ

お店からの一言

07e6db85e39e62c983fd3b1fbef5b36b 料理長 成田昌敏さん 「辛さも痺れもよく混ぜてお楽しみを」

芝蘭 板橋本店の店舗情報

2d89db83aab31b9de055415b2b4d7f29 [住所]東京都板橋区赤塚新町3-3-20  [TEL]03-3939-4465  [営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]月曜日(祝日の場合は火曜日) [座席]カウンターあり、全32席/全席喫煙可(平日昼は分煙)/予約可(コースのみ)/カード可(2500円以上)/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄有楽町線赤塚駅2番出口から徒歩4分

電話番号 03-3939-4465
2018年8月号発売時点の情報です。

関連記事

【閉店】徳記|八角が香るタレに麺をつけるとこれまたハマる味(中華料理/横浜)

龍公亭(カレー/神楽坂)|シーフードも入った驚きのルックスでリッチ!

珉珉(カレー/青山)|このとろみ、やさしいスパイシーさが堪りません!

北京(中華/新宿歌舞伎町)-牛肉入りラーメンに麺類のルーツを見る

川香苑 2号店(中華/新宿歌舞伎町)-本場四川の回鍋肉は必食の旨さ


情報提供:まとメシ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです