メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

華甲 阪口大儒書展 言葉との出合い、素朴に

 「華甲 阪口大儒書展-言霊を書にのせて2-」(18日まで、大阪・本町の大阪産業創造館)は書と言葉との関係を考えながら鑑賞することをお勧めしたい。

 阪口さんは1958年、大阪府大東市生まれ。森本龍石さんに師事。毎日書道展審査会員。書団響常任理事、太源書道会副理事長、書道研究曙光会代表。上宮太子高校教諭。

 78、89、2003年に続く16年ぶり4回目の個展。サブタイトルを前回展を受けて「言霊を書にのせて…

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1339文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです