メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

没後200年・伊能忠敬を歩く

/16 宮城県大河原町・柴田町 船岡城と大山、木陰で涼む

1本だけ生えるモミの木は、船岡城址の目印となっている=2019年8月3日、広瀬登撮影

 連日、雨に見舞われた伊能忠敬率いる測量隊。大河原宿(宮城県大河原町)を仙台城下国分町(仙台市)へ向け出発した1800年6月19日朝、ようやく梅雨の晴れ間がのぞいたようだ。「測量日記」には「晴天」の文字が記されている。

 記者が訪れた8月上旬も快晴。ただ、晴れの程度が少し過ぎていたようで、じりじりと照りつける太陽の下、午前中から気温は30度を超えている。大河原の街を貫く奥州街道を少し歩くだけで、汗がしたたり落ちる。

 甘い物を食べて元気を出そう。地元の名物菓子「霜ばしら」や「晒(さらし)よし飴(あめ)」の在りかを尋…

この記事は有料記事です。

残り1425文字(全文1683文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです