メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

中村吉右衛門 秀山祭九月大歌舞伎 十兵衛と松王丸 役者根性お見せしたい

「秀山祭9月大歌舞伎」の出演にあたり、取材に応じる中村吉右衛門さん=東京都千代田区の東京會舘で2019年8月5日、手塚耕一郎撮影

 明治から昭和の歌舞伎界屈指の名優、初代中村吉右衛門を顕彰する「秀山祭九月大歌舞伎」が9月1日から同25日まで東京・歌舞伎座で催される。

 後継者である当代吉右衛門を中心に2006年に始まり、初代のあたり役や古典の名作を楽しめる興行として親しまれてきた。今回は昼夜に初代吉右衛門、三世中村時蔵、十七世中村勘三郎の3兄弟の父である三世中村歌六(1849~1919年)の「百回忌追善狂言」があるのが話題だ。

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1200文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです