メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

野村万作門下の4人が公演 初の大役に意気込み

左から飯田、岡、中村、内藤。2019年8月7日午後5時48分、江戸川橋で、小玉祥子撮影

 狂言方和泉流の野村万作門下の若手4人が17日午後2時、東京・神楽坂の矢来能楽堂で自主公演「このあたり乃会」を催す。

 岡聡史(1980年生まれ)、中村修一(同89年)、内藤連(同86年)、飯田豪(同89年)。全員が一般家庭出身。シテ(主役)を演じる機会が少ない若手に勉強の場をと考えた万作のすすめで昨年に第1回を開催し、今回が2度目。全員が初役となる。

 番組は「棒縛(ぼうしばり)」(岡の太郎冠者、飯田の次郎冠者、石田淡朗の主)▽「朝比奈」(中村の朝比…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです