メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

野村万作門下の4人が公演 初の大役に意気込み

左から飯田、岡、中村、内藤。2019年8月7日午後5時48分、江戸川橋で、小玉祥子撮影

 狂言方和泉流の野村万作門下の若手4人が17日午後2時、東京・神楽坂の矢来能楽堂で自主公演「このあたり乃会」を催す。

 岡聡史(1980年生まれ)、中村修一(同89年)、内藤連(同86年)、飯田豪(同89年)。全員が一般家庭出身。シテ(主役)を演じる機会が少ない若手に勉強の場をと考えた万作のすすめで昨年に第1回を開催し、今回が2度目。全員が初役となる。

 番組は「棒縛(ぼうしばり)」(岡の太郎冠者、飯田の次郎冠者、石田淡朗の主)▽「朝比奈」(中村の朝比…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文589文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです