メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

感謝の気持ち新た

 山形県沖を震源とする6月18日の地震で震度6弱を観測した鶴岡市。市内の山あいにあるあつみ温泉の老舗旅館「萬国屋(ばんこくや)」も玄関の屋根瓦や温泉の配管などに深刻な被害を受けた。7月1日には再開にこぎつけたものの、地震から約2カ月たった今も、以前の客足を回復するには至っていない。

 総支配人の大滝春一(しゅんいち)さん(60)にとっては、地震後、全国…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです