メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サファリ・P

「怪人二十面相」 京都「THEATRE E9」で15~18日

「サファリ・P」の佐々木ヤス子=畑律江撮影

 既成の戯曲や小説を、独自の身体性と発話を通して舞台化する京都のカンパニー「サファリ・P」が、新作「怪人二十面相」を、15~18日、京都市南区の「THEATRE(シアター)E9(イーナイン)KYOTO」で上演する。全7回公演。

 主宰の山口茜が構成・演出を担当。原作は、盗賊・怪人二十面相と名探偵・明智小五郎が対決する江戸…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

  4. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

  5. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです