メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終戦記念日

終戦74年、戦没者追悼式 「不戦」令和でも 天皇陛下、即位後初参列

戦没者を悼み手を合わせる人たち=東京都千代田区の千鳥ケ淵戦没者墓苑で2019年8月15日、長谷川直亮撮影

 74回目の終戦記念日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれる。天皇、皇后両陛下や安倍晋三首相、戦没者遺族ら約7000人が参列し、日中戦争と第二次世界大戦で犠牲になった約310万人を悼む。式典では、5月の即位後初めての参列となる天皇陛下がおことばを述べられ、安倍首相が式辞で平和への取り組みと戦争を繰り返さない決意を訴える。

 過去の植民地支配の歴史を乗り越え、交流を通じた新しい日韓関係を構築しようと誓った1998年の日韓共…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです