メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

打ち水

ヒンヤリ 竹灯籠で幻想の世界も 仙台・商店街 /宮城

打ち水を楽しむ参加者ら=仙台市青葉区の一番町四丁目商店街で

 身近な方法で涼しさを体感し、夏の節電を呼びかけようと、仙台市青葉区の一番町四丁目商店街で13日、打ち水イベントが開催された。イベントには伊達政宗などを模した武将隊が登場し、「打ち水じゃ」などと叫びながら、参加者らとひしゃくを用いて、商店街のアーケードで打ち水を行った。

 神奈川県藤沢市から観光で訪れていた大津晃斗さん(8)は「楽しかった。少し涼しく感じた」と笑顔。せんだい・杜の都親善大使の日比野愛(まな)さん…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  2. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  3. SNSで横行する住所「特定屋」 その手法とは… ストーカー事件など犯罪に悪用も

  4. 浮足立つ→「喜びや期待」60.1% 本来の意味「恐れや不安」26.1% 国語世論調査

  5. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです