メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
遊ナビ

ステージ /東京

東京デスロック「Anti Human Education」ポスター

[PR]

(右から)林次樹と内田龍磨

 ■Anti Human Education=写真はポスター

     31日~9月8日、時間要確認、STスポット(横浜市西区・横浜駅)。構成・演出=多田淳之介、出演=夏目慎也、佐山和泉ほか。多田が主宰する劇団「東京デスロック」は俳優の身体・時間・観客を含めた現象そのものを利用する作風が特徴。「教育」がテーマの今作は、近代教育のバイブルとされるルソー著「エミール」や親族間の殺人事件を参照し、各回ゲストの教育関係者の現場の声も交えて「人間らしさ」を検証する。ゲスト詳細は劇団公式サイト。全席自由・前売り一般3500円、学生2000円(各当日300円増)、高校生以下無料。要予約。080・3360・2180

     ■Pカンパニー第28回公演シリーズ罪と罰CASE7「√ルート」

     9月4~8日、時間要確認、池袋シアターグリーン BOX in BOX THEATER(豊島区・池袋駅)。作=山谷典子、演出=小笠原響、出演=(写真右から)林次樹、内田龍磨ほか。学校における「罪と罰」をテーマに「命の価値」を問う。ある小学校の教室。「道徳」教育を巡る教師たちの意見の違い、ある生徒への「いじめ」の実態が明らかになる中、校庭から悲鳴が聞こえた……。全席指定、一般5000円、65歳以上・学生4000円ほか。03・6808・5306(平日10~18時)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

    2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

    3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

    4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

    5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです