メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
将棋

第78期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-羽生善治九段 第7局の7

最後のチャンス

 三浦が何かに気づいたように「ん?」と首をかしげる。残り4分。[先]3三銀とタダで打ち捨て、後手玉に迫っていく。

 羽生は一心不乱に相手陣に目を走らせている。ついに指が震え始めた。

 [後]4二玉では[後]3四銀と打つ手があった。以下[先]4四竜[後]3二玉に(1)[先]3三金[後]2一玉[先]3四金[後]3二歩と受けて継続手が難しい。(2)[先]2三桂には[後]3三銀と粘り、(3)[先]3三歩[後]2一玉[先]3二金の順も「何かありそう」と羽生。好機を逃した。

 形勢は再び混とんとしている。本譜は[先]3四桂と王手をかけたが、[先]2五竜と角を拾うのは[後]6…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文755文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです