メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創意で挑む

女性農家は今 毎日農業記録賞に寄せて/中 香川県観音寺市 Sun so 尾池美和さん(42) /東京

ネギ畑の前に立つ尾池美和さん。「夏は、病害虫や台風にやられることもあり、栽培が難しい。そこでも安定出荷できるように努力している」と話す=香川県観音寺市で

子育てと両立願い 従業員定着へ経験生かす

 青々としたネギが真っすぐに伸び、辺りに甘い香りを放つ。尾池美和さん(42)は、香川県観音寺市でネギを生産する「Sun so(讃葱(さんそう))」の取締役である。

 同市はレタスの特産地として知られ、多くの農家はレタス栽培の合間にネギやニンニクなど多品目を手がけている。一方、讃葱はネギ専業で、12ヘクタールの畑で加工用の青ネギ、白ネギを露地栽培している。目標生産量は年間240トンだ。尾池さんがその狙いを話す。

 「市場では葉が少し曲がると値が下がるなどロスが多い。加工用に特化して気候条件の厳しい夏も含め周年栽培し、差別化と安定出荷を目指しています」

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです