メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ぐるっと首都圏・食べる・つながる

栃木・那珂川 温泉トラフグ 海なし県で話題の特産に /東京

温泉で養殖されたトラフグ=栃木県那須烏山市の夢創造で

天然物に負けぬうまみ

 海から離れた栃木県那珂川町ではトラフグがとれるらしい。何だろうと思いきや、温泉で育ったトラフグが特産になっているのだという。町おこしを狙って、内陸の塩化物泉で海産魚を育てることを全国に先駆けて始めた。海を知らないトラフグ、果たしてその味は?【三股智子】

 山に囲まれた那珂川町の温泉は塩気がある。というのも太古の昔にはここは海の底だったのだ。「町おこしの資源にならないだろうか」。那珂川町で環境調査の会社を手がけていた野口勝明さん(62)は思った。「海なし県で海水魚を養殖したら話題になるし、新たな特産品になる」。野口さんは単価が高く丈夫なトラフグを選び、2008年から飼育試験を始めた。

 源泉の塩分は当時1%弱で、海水の3分の1ほどだ。生物の体液に近い濃度なので、トラフグにとっても浸透…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文1031文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです