メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸・夏の自由研究

/2 福井 越前そば道場 つるっと喉ごし、味格別

できあがったそばを手にする体験者たち。自身で打ったそばの味は格別だ=福井市福町で、大森治幸撮影

 「日本で最初のそば道場」を掲げる施設がJR福井駅から南西約3キロの福井市福町にある。福井名物「越前おろしそば」の魅力を広く伝えようと尽力した故中山重成さん(2013年に93歳で死去)が1985年に開いた「越前そば道場」だ。そば好きが集う「聖地」では、そば打ち体験だけでなく独自の段位認定会も催し、そば文化の裾野を広げている。初心者から実力者まで多くの人が訪れる道場の門をたたいた。

 中山さんは「全日本素人そば打ち名人大会」開催に一役買うなど、普及に力を注いだ。その奮闘もあり、越前…

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1076文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです