メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

牧之原市

意次マンホール製作 生誕300年記念事業で /静岡

静岡県牧之原市内に設置された田沼意次のマンホールのふた=同市波津で

 牧之原市は、市ゆかりの田沼意次(おきつぐ)(1719~88年)をデザインしたマンホールのふたを製作した。生誕300年記念事業の一環で、担当者は「ご当地マンホールがブームなので、歴史や意次に興味のない人にも楽しんでもらいたい」と狙いを話している。

 江戸幕府の老中だった田沼意次は、1758年に現在の牧之原市にあった相良藩の藩主となり、相良城…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  2. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  3. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  4. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  5. JR東海が23年ぶり新型特急車両 初のハイブリッド方式、120キロで営業運転へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです