メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日章旗

遺族へ ラバウルで戦死、清須・深見正雄さん /愛知

深見正雄さんの日章旗を手にする(左から)弟の正光さんと利市さんら=愛知県清須市提供

 太平洋戦争中、パプアニューギニアのラバウルで亡くなった清須市(旧新川町)出身の深見正雄さん(当時21歳)が戦地に持っていった日章旗が13日、弟の利市さん(79)=あま市=と正光さん(74)=清須市=の元に返還された。

 同市によると、深見さんは21歳で召集され、高射砲部隊に所属。戦闘で顔を負傷し、野…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文257文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです