メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

杞柳細工

1200年の歴史感じて 但馬ドームで特集展 31日まで /兵庫

 円山川下流などの湿地に自生するコリヤナギを編んで、柳行李などを作る「杞柳(きりゅう)細工」を特集した「但馬・豊岡の伝統工芸 杞柳細工」展(但馬ドーム主催)が豊岡市日高町名色のドーム2階の展望デッキで開かれている。31日まで。入場無料。

 豊岡の杞柳細工は1200年以上の歴史があり、特許庁の地域ブランド(地域団体商標)にも登録。地場産業に関心を持ってもらおうと企画した。

 会場には、杞柳細工の歴史や作業工程のパネルが並ぶほか、かばん、かご製品51点を江戸時代、明治大正期…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文470文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです