中元万灯籠

春日大社に柔らかな光 /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
境内をほのかに照らし出す「中元万灯籠」=奈良市の春日大社で、姜弘修撮影
境内をほのかに照らし出す「中元万灯籠」=奈良市の春日大社で、姜弘修撮影

 奈良市の春日大社で14日夜、約3000基の灯籠(とうろう)に明かりをともす「中元万灯籠」があった。回廊や境内が柔らかい光に包まれ、大勢の参拝客が家内安全や先祖の冥福などを祈願した。15日も開催予定だったが、台風10号の影響で中止となった。

 平安末期から寄進されてきた石灯籠は約2000基。釣り灯籠が…

この記事は有料記事です。

残り81文字(全文231文字)

あわせて読みたい

注目の特集