メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文学に陰あり

丸谷才一「笹まくら」 隠岐で花見の徴兵忌避者 /島根

 笹枕(ささまくら)とは、旅先で寝ること。草がカサカサ鳴る音が不安な感じ。小説、評論、翻訳で活躍した丸谷才一(1925~2012年)の出世作が、長編小説「笹まくら」(1966年)である。

 この作品には二つの時間の川が流れている。一本は平和な昭和40年ごろ。浜田庄吉は45歳で、東京の私立大学の庶務課に勤めるサラリーマンだ。冒頭の一文は<香奠(こうでん)はどれくらいがいいだろう?>。かつて恋人だった阿貴子の訃報が届いたところ。有能な課長補佐である浜田の周辺では、課長の昇格人事を巡ってさざ波が立ち始めた。

 もう一本の川は戦争の時代だ。昭和15年秋から20年夏の敗戦までの5年間、若き浜田は徴兵から逃亡して…

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1263文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです