メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追悼式

空襲犠牲者の冥福祈る 「戦争の愚かさ語り継ぐ」 岩国と山口で /山口

岩国市の慰霊祭で祭壇に手を合わせる参列者

 第二次世界大戦終戦前日に、米軍による岩国市や光市への空襲で亡くなった犠牲者を追悼する式典が14日、開かれた。岩国市では遺族や関係者約70人が参列。山口市でも、光市空襲で死亡した旧制山口中(現山口高)動員学徒の同級生ら約30人が集まり、犠牲者の冥福を祈った。【古賀亮至、祝部幹雄】

 岩国市によると、1945年5月10日から7月24日、8月9日と空襲が続いた。最大の被害となった8月14日は、B29爆撃機108機が飛来し、死者517人、行方不明者30人、負傷者859人を出した。

 この日は空襲が始まった午前11時15分にサイレンが鳴り、参列者は黙とう。主催する麻里布地区自治会連…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです