メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演会

中学生に夢のタネ 海外NGO運営者や放送作家ら、多彩な生き方講演 今治 /愛媛

「とにかくやってみる」「いつも考えよう」。4人の話に全校生徒が聴き入った=愛媛県今治市の市立菊間中で、松倉展人撮影

 多彩な生き方に触れてもらおうと、海外NGO運営者や放送作家など、さまざまな職種の人から「仕事の誇りと楽しみ」を聴く講演会が今治市立菊間中(菊間町浜)であった。「こつこつと同じことを15年間やってみて。きっと自分のものになる」「誰かの夢をかなえるお手伝いができれば、自信になる」などと語る講師たちに、全校生徒87人はじっと耳を傾けた。【松倉展人】

 仕事のやりがいについて、今治市出身の元外交官でガーナのNGOを運営する原ゆかりさん(32)は「人口約2000人のガーナの村で幼稚園をつくり、産業を育て、夢がかなう瞬間に立ち会えること」と語りかけた。放送作家の木村公洋さん(41)は「わくわくすることを常に探していくと、知識がストックされ、僕の個性が形成される」と仕事の醍醐味(だいごみ)を伝えた。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 読む本は電話帳でもいいでしょうか?…

  2. プロ野球 パ今季CSは3球団で実施

  3. コロンビア国防相がコロナで死去 上智大院修了、在日大使館で勤務

  4. 赤坂電視台 加藤浩次/2 こんなにありがたい仕事はない

  5. Fact・Check 不正確 新型コロナ 野党議員は自宅待機なのに自民党議員は無症状即入院 「権力に近い人優遇」国民疑念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです