メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演会

中学生に夢のタネ 海外NGO運営者や放送作家ら、多彩な生き方講演 今治 /愛媛

「とにかくやってみる」「いつも考えよう」。4人の話に全校生徒が聴き入った=愛媛県今治市の市立菊間中で、松倉展人撮影

 多彩な生き方に触れてもらおうと、海外NGO運営者や放送作家など、さまざまな職種の人から「仕事の誇りと楽しみ」を聴く講演会が今治市立菊間中(菊間町浜)であった。「こつこつと同じことを15年間やってみて。きっと自分のものになる」「誰かの夢をかなえるお手伝いができれば、自信になる」などと語る講師たちに、全校生徒87人はじっと耳を傾けた。【松倉展人】

 仕事のやりがいについて、今治市出身の元外交官でガーナのNGOを運営する原ゆかりさん(32)は「人口約2000人のガーナの村で幼稚園をつくり、産業を育て、夢がかなう瞬間に立ち会えること」と語りかけた。放送作家の木村公洋さん(41)は「わくわくすることを常に探していくと、知識がストックされ、僕の個性が形成される」と仕事の醍醐味(だいごみ)を伝えた。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです