メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

遺族会、苦渋の解散 慰霊碑、維持もできず

遺族会の解散に伴い、戦没者名を記した木札がすべて取り出された忠霊塔。元会長の松永さんは「会員が高齢化してやむを得なかった」と話した=福岡県糸島市高祖で2019年7月31日、平川昌範撮影

 太平洋戦争などで亡くなった軍人、軍属の妻や遺児らでつくる国内最大の遺族団体「日本遺族会」。支部に当たる都道府県の遺族会アンケートからは、会員減少で従来の活動ができなくなるなど深刻な状況が浮かび上がった。遺族補償の要求を通じて政治への影響力を持ち続けてきた経緯を背景に会員規模を明らかにしない遺族会もあるが、終戦から74年がたち、遺族会は岐路にさしかかっている。【平川昌範】

 「解散は苦渋の選択でした」。福岡県糸島市の忠霊塔前で「怡土(いと)校区遺族会」の会長だった松永啓志…

この記事は有料記事です。

残り1930文字(全文2167文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです