メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

制裁延期 米、国内に配慮 産業界、くすぶる不満

米中の制裁・報復措置

 トランプ米政権は13日、9月1日に発動する「対中制裁第4弾」について、スマートフォンなど主要品目の発動時期を12月15日に延期すると発表した。負担増を強いられる米消費者や産業界の反発をかわしつつ、中国との交渉時間を確保する狙いとみられる。しかし、中国の産業政策などをめぐる米中の溝は依然深く、年末までに妥協点を見いだすめどは立たないままだ。【中井正裕(ワシントン)、赤間清広(北京)、松岡大地】

この記事は有料記事です。

残り2085文字(全文2283文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 王将戦リーグ 藤井七段が久保九段破り首位タイ 19日に挑戦権かけて広瀬竜王戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです