メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
論プラス

10月開始の幼保無償化 制度の穴に泣く施設 遅れた国の実態調査=論説委員・永海俊

幼児教育・保育無償化の対象施設と対象外施設

 担う役割は幼稚園と同じなのに、10月から始まる幼児教育・保育無償化の対象でない「幼稚園類似施設」と呼ばれる施設が各地にある。障害のある子らを受け入れるきめ細かい教育環境が特徴の施設などがあり、認可外ながら地域の幼児教育の一端を長年支えてきた。だが、国はその実態を把握できておらず、やっと施設数や園児数の調査を始めたばかりだ。早期に支援策を講じる必要がある。

この記事は有料記事です。

残り2062文字(全文2241文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです