メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

「タワマン」立地にルールを=久元喜造・神戸市長

 大都市で林立する高層タワーマンションをめぐり、さまざまな議論が起きている。

 神戸市は問題点を整理するとともに、立地の一部規制に踏み込んだ条例を制定した。大都市の将来デザインを左右する課題として「タワマン」を考えたい。

 次々と建てられるタワーマンションは繁栄する都市の象徴のように映る。一方で、建設ラッシュを懸念する声も根強くある。

 将来発生するおそれのある高額の保有コスト負担、所有者の属性が多様であることから生じる合意形成の難し…

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1235文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです