メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
対談

谷垣氏と小泉氏/下 少子高齢社会あり方は

対談する谷垣禎一・自民党前総裁(右)と小泉進次郎衆院議員=東京都内で、丸山博撮影

地域社会再構築 谷垣氏/多様な支援推進 小泉氏

 松田喬和客員編集委員 少子高齢社会のあり方として、自助・共助・公助をどう考えたらいいでしょうか。

 谷垣禎一・自民党前総裁 私はけがをして障害を負った。車いすに乗っている。介護保険を使って助けてもらっている。でも、最後に良い施設で介護してもらうのが本当に満足なのか。地域社会の中で生きられるというのが私は一番重要じゃないかと思う。地域社会の中のいろいろな人を支えていく仕組みをどうするかが今の日本の大問題ではないかと思う。

 小泉進次郎衆院議員 東京には地域社会がなくて地方に地域社会があるというイメージがあるが、そんな単純…

この記事は有料記事です。

残り1234文字(全文1518文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. フィリピンで慰安婦像が「不明」に 台座だけ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです