メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ

北朝鮮人いない「北朝鮮レストラン」 国連制裁厳格運用 出稼ぎ労働者年内送還

米国系クレジットカードが急に使えなくなったという北朝鮮レストラン「平壌ヘマジ館」=バンコク中心部で2019年7月、西脇真一撮影

 北朝鮮から派遣された女性従業員の歌や踊りを売りに外貨を稼ぐ「北朝鮮レストラン」。だが、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議は、加盟国に出稼ぎ労働者の年内送還を求めており、レストラン従業員も国外で働けなくなる。今月開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議でも決議の履行を再確認した。逆風のなかタイで営業するレストランの動きを追った。【バンコク西脇真一】

 北朝鮮は中国を中心にレストランを展開する一方、日本人や韓国人の観光客やビジネスマンが多い東南アジア…

この記事は有料記事です。

残り1346文字(全文1578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです