メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外桃田が2連覇、男子単日本初 バドミントン世界選手権
焦点

文氏、日本批判を抑制 韓国、2回目「慰安婦の日」

ソウル市が設置した「慰安婦被害者記念碑」の少女の手を握る元慰安婦の李容洙さん=ソウル市南山で14日、ソウル支局助手の金宣希撮影

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は14日、国の記念日に制定されてから2回目の「慰安婦の日」を迎え、慰安婦問題を「人類普遍的な観点で、平和と女性の人権に対するメッセージとして国際社会と共有し、拡散していく」と、自身のフェイスブックに投稿した。ただ、2015年末の慰安婦問題解決のための日韓合意には触れず、日本政府への直接的な批判もなかった。一方、合意に基づき設立されたものの解散された「和解・癒やし財団」の残務処理は進まないままだ。

この記事は有料記事です。

残り2040文字(全文2258文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  3. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  4. 国民・大野参院議員 埼玉県知事選出馬へ 離党し無所属で

  5. 上田知事「埼玉県は強い」 「翔んで埼玉」出演陣が「ディスりを謝罪」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです